レビトラ10

レビトラは食事の影響を受けにくい

レビトラはバイアグラと比べて、食事の影響を受けにくいという特徴があります。

 

 

飲食物を摂った食後に飲むと、通常の薬は効果が弱まるのです。

 

 

食事の影響を受けにくいということは、タイミングを気にすることなく飲めるということです。

 

 

「食後に飲むのはダメ」という意識があると、食後に飲むのを控えた結果、そのまま忘れてしまうこともあるでしょう。

 

 

レビトラの場合は、バイアグラほど飲むタイミングにこだわる必要がないわけです。

 

 

ただ、空腹時に飲んだほうが働きは高まりますから、なるべく食後は避けたほうがいいでしょう。

 

 

ED治療薬の知名度でいえば、現在でもバイアグラが圧倒的です。

 

 

しかし、両方を服用してみた方は、レビトラのファンになってしまう方も多いのです。

 

 

その割合は5割程度とも言われております。

 

 

ED治療薬は、個人輸入代行サイトで安く入手できます。

 

 

医師の処方箋も必要ありません。

 

 

自宅にパソコンがあり、ネットにつないでいれば注文できてしまいます。